V4.2主要機能追加
1 方杖裏リブ作成を追加
2 スプライス干渉チェックを追加
3 ブレースシートのタイプ変更の機能アップ
4 内胴縁の範囲変更の機能アップ
5 奥行きにある同面の胴縁を灰色表示
6 作図仕様の名前を付けて保存機能
7 コラムガス抜き自動設定
8 図面分割出力を追加
9 母屋、胴縁の取合指定
10 単品確認でブラケットも対象に追加
11 ガセットPLの重ね設定
12 梁リストで同名で異なる梁タイプの登録を可能にしました
13 梁-垂直移動に GL,階基準を追加
14 梁-垂直端部に GL,階基準を追加、合わせ位置の変更
15 スリーブ既製品にEGリング追加
16 既製品対応強化
17 挟込クリアの追加
18 作図仕様強化
19 3D表示強化
20 ハイブリッド構法を追加
21 本体鉄骨仕分けを追加
22 積算帳票[階別集計書(鉄骨重量)]を追加
23 積算帳票[階別集計書(鉄骨ピース数<柱節単位>)]を追加
方杖裏リブ作成 移動量+
@ブレースリスト−方杖
方杖の補強裏リブ設定
通常壁ブレース同様 ブレースリストでリブ作成を指定できます
(配置入力でも指定可能)
タテ裏リブは現在未対応です
移動量+
指定可能 柱側の裏リブはH柱強軸方向取り付けの場合のみ有効です
弱軸取り付けはガセット挟み込みPLとして作成するので指定は無効
(コラム柱は強軸取り付けと見なし、内ダイヤとして作成するので有効です)
強軸は指定有効
A配置入力−床ブレース−方杖−リブPL
タテ裏リブは現在未対応です
作成した裏リブは移動量で位置を移動できます。方杖中央側+
弱軸は挟み込みPLなので移動は無効
弱軸は指定無効
挟み込みPLは移動無効
スプライス干渉チェック
@共通仕様−3D表示−表示範囲−スプライス干渉チェック
A3D表示
部品展開を実行して、初回の3D表示の時に3D面生成を行います。
干渉チェックは3D面生成時に実行されます
干渉がある場合のみ
確認画面表示
面生成確認画面
干渉チェックの内容が表示されます
B配置入力−直近エラー表示−部品展開
干渉部の確認
該当行をクリックでエラー箇所へジャンプ 注意 ジャンプは任意の階又は軸を表示した状態で行います
更に3Dリアル表示していれば
材ダブルクリックで
ブレースシートのタイプ変更の機能アップ
現行 マウスクリック左で次のタイプに変更、シフト+マウスクリック左で元に戻る (再クリック変動)
新規機能
初回のマウスクリックでプルダウンメニューを表示して、選択可能とする
メニューを選ばず、マウスクリックすると現行通りの動きをする
@配置入力−ブレース−ブレースシート−タイプ変更
マウス1回目ヒットで緑プルダウンメニュー選択可能 2回目ヒット以降、水色表示エリアに変動
以後、 再クリックに繰り返す
2回目ヒット以降、水色表示エリアに変動
内胴縁の範囲変更の機能アップ
現行 範囲を変更すると、関連の胴縁が全削除される
通常の外胴縁と同様に、全削除しない。
@配置入力−胴縁−壁面−面変更 (胴縁:内)
注意 ただし、胴縁端部の伸縮は、胴縁材ー端部補正で個別でおこなう
取り合いのネコも自動発生しないので、ネコ材-交差配置