1. トップ
  2. 製品案内
  3. すけるTON for Revit
  4. 詳細図オプション

鉄骨BIMソフトウェアすけるTON for Revit 詳細図オプション

詳細図オプションでできることは?
自動生成機能によって鉄骨の詳細部材を生成した後、それを詳細図として出力できます。この機能は、すけるTON for Revit上で操作します。
その他にも、すけるTON for Revit上で基礎の入力を行うことで、基礎伏図や基礎詳細図の出力が可能になります。

※積算オプションを追加している場合、ここで入力した基礎を積算して帳票出力が可能です。

出力図面サンプル
Autodesk Revit 標準の機能だけでは出力できない精度の高い図面が出力できます。
詳細図オプションにより出力可能な図面
  • 架構詳細図
  • 部材リスト(基礎詳細図)
  • 基礎伏図(杭伏図)

  • ※以下の図面は詳細図オプションを追加しなくても、すけるTON for Revit の標準機能のみで出力が可能です。
  • 伏図
  • 軸組図
  • 継手リスト
  • 図面出力の操作の流れ
    ①自動生成機能により詳細部材を生成します。ここまではRevit上のアドインソフトで実行しています。
    ②次に一旦Revitを終了し、すけるTON for Revitを起動します。
    ③すけるTON for Revitの入力画面から基礎を入力します。ただし基礎の図面が不要な場合はこの操作は不要です。
    ④すけるTON for Revitの作図機能から架構詳細図や、基礎伏図(杭伏図)、基礎詳細図を出力できます。
    ⑤さらに一歩進んだ利用方法として、先ほどすけるTON for Revitで入力した基礎を、Revit上に反映させることもできます。
    すけるTON for Revit からRevitへの基礎の反映には、Revitアドインソフト「FAB21 Link」を利用します。FAB21 Link は、カルテックのCADデータを、Revitへ3Dモデルとして生成するソフトウェアです。
    AUTODESK APP STORE にて無償公開しています。
     ⇒「FAB21 Link」の詳細情報ページ